CAST & STAFF | 望海風斗 20th Anniversary ドラマティックコンサート『Look at Me』

CAST & STAFF | 望海風斗 20th Anniversary ドラマティックコンサート『Look at Me』

- Cast -

望海風斗

2003年、宝塚歌劇団に89期生として入団。2017年に雪組トップスターに就任。『ファントム』、『fff-フォルティッシッシモ-』に出演するほか、現役トップスターとして初の「anan」表紙に抜擢、ナオト・インティライミプロデュースの楽曲「夢をあつめて」を配信リリースしiTunesチャート1位を獲得するなどの快挙を成し遂げる。2021年4月退団後、全国ツアー『SPERO』を開催し約5万人を動員。22年はミュージカル『INTO THE WOODS』、『next to normal』、『ガイズ&ドールズ』に出演。23年にはブロードウェイ・ミュージカル『DREAMGIRLS』主演を控える。

石川新太
伊藤わこ
榎本成志
高倉理子
隼海惺
松島蘭
りんたろう
渡辺崇人

※五十音順

- Staff -

構成:竹村武司

放送作家、脚本家 東京都生まれ
大学卒業後、広告代理店を経て、放送作家の道へ。ドラマ、アニメの脚本から、バラエティ番組、子供番組の構成、舞台公演脚本、YouTubeの企画構成まで仕事は多岐にわたる。現在は『キッチン戦隊クックルン』『はなかっぱ』のアニメ脚本、『ワンワンわんだーらんど』公演脚本、『SONGS』『ダウンタウンDX』『世界さまぁ〜リゾート』『タモリ倶楽部』などの構成を担当。脚本家として『山田孝之の東京都北区赤羽』『山田孝之のカンヌ映画祭』『サ道』『土方のスマホ』『義経のスマホ』などを手掛ける。企画、構成を手掛けた『魔改造の夜』が、第37回ATP賞テレビグランプリ情報・バラエティ部門最優秀賞、第58回ギャラクシー賞 テレビ部門 奨励賞を受賞。脚本を手掛けた『光秀のスマホ』は、第47回放送文化基金賞奨励賞、 第58回ギャラクシー賞テレビ部門フロンティア賞を受賞。

演出:ウォーリー木下

神戸大学在学中に演劇活動を始め、93年に劇団☆世界一団(現sunday)を結成。役者の身体性に音楽と映像とを融合させた演出を特徴としている。ノンバーバルパフォーマンス集団「THE ORIGINAL TEMPO」のプロデュースにおいてエジンバラ演劇祭にて五つ星を獲得するなど、海外で高い評価を得る。10ヶ国以上の国際フェスティバルに招聘され、演出家として韓国およびスロヴェニアでの国際共同製作も行う。
最近の作品に『粛々と運針』、東京2020パラリンピック開会式、『バクマン。』THE STAGE、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』、『スタンディングオベーション』、『SHOW BOY』などがある。
また「静岡ストリートシアターフェス ストレンジシード」他、様々な演劇祭のフェスティバルディレクターや「東京ワンピースタワー ONE PIECE LIVE ATTRACTION」の演出を手がける。

音楽監督:武部聡志

作・編曲家、音楽プロデューサー。
国立音楽大学在学時より、キーボーディスト、アレンジャーとして数多くのアーティストを手掛ける。
1983年より松任谷由実コンサートツアーの音楽監督を担当。
一青窈、今井美樹、JUJU、ゆず、平井堅等のプロデュース、CX系ドラマ「BEACH BOYS」「西遊記」etcの音楽担当、CX系「僕らの音楽」「MUSIC FAIR」「FNS歌謡祭」の音楽監督、スタジオジブリ作品「コクリコ坂から」「アーヤと魔女」の音楽担当等、多岐にわたり活躍している。

美術

中根聡子

照明デザイナー

加藤学 (ブルーモーメント)

照明

PRG

音響

安藤拓也(サンフォニックス)

映像

大鹿奈穂

衣裳

伊藤佐智子

振付

AOI MATSUO / KAORIalive / シス×ブロ(林希・SHUN)  

※五十音順

演出助手

山田翠

舞台監督

小林広道(DDR)

宣伝美術

山下浩介

宣伝写真

神ノ川智早

宣伝スタイリスト

宮崎真純(likkle more)

宣伝ヘアメイク

灯(ROOSTER)

運営協力

サンライズプロモーション東京(東京公演)
中京テレビクリエイション(愛知公演)
リバティ・コンサーツ(大阪公演)
キョードー西日本(福岡公演)

総合プロデューサー

渡辺ミキ

制作協力

エイベックス・エンタテインメント

主催・企画・制作

ワタナベエンターテインメント